弁護士紹介

代表弁護士(パートナー)

アソシエイト

代表弁護士(パートナー)

石川 智美(いしかわ・ともみ)

石川 智美(いしかわ・ともみ)
所属ほか
  • 茨城県弁護士会
とくに力を入れていきたいこと

借金問題(破産・再生)、離婚問題、相続問題

あいさつ

当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。
弁護士法人「翠」の代表弁護士 石川 智美です。
私が仕事をする上で常に心掛けていることは、目の前の紛争をただ終わらせるだけではなく、ご依頼者が心から納得できる解決を目指すこと、そして、事件が終わった後にどのような再出発を切るべきか、という将来まで視野に入れたサポートをすることです。
事件の種類が同じであっても、人によってとるべき解決方法は異なります。その方が心から納得できる解決を見つけるためには、それまでの人生で培われた価値観などを知り、それらを尊重しながら進めていくことが重要です。
そのために、お客様との対話の時間を大切にし、事件に直接関係のないお話も含めて色々なお話をさせていただいています。

どのような問題であっても、解決ができない、再出発ができない、ということはありません。
一人で苦しんだり、あきらめてしまう前に、どんなことでも当事務所にご相談下さい。
法律相談のみのご利用も歓迎しておりますし、相談後に契約を強く勧めることも致しません。ご安心してお気軽にお電話いただければと思います。

弁護士 石川 智美

山田 雄治(やまだ・ゆうじ)

山田 雄治(やまだ・ゆうじ)
所属ほか
  • 茨城県弁護士会
とくに力を入れていきたいこと

借金問題(破産・再生)、企業法務、成年後見

あいさつ

当職の手掛けている事件では、「ご依頼者が、今、まさに窮地へ追い込まれている」という場面がしばしば見受けられます。

「あしたにも給料が止まる」「きょうの生活もままならない」。そのようなお悩みを抱えている方に対し、お気持ちをしっかり受け止める一方、冷静な頭で適切なアドバイスをお示しするのが「最上のリーガルサービス」だと考えています。

落ち込んだり苦しんだり、感情的に高ぶってしまうのは仕方のないこと。そこで歩みを止めてしまうのではなく、どうか、不安やパニックをそのまま当職までお持ちください。むしろ、ご自身で気持ちの整理をしている間に、好機を逃してしまうかもしれません。

事案として正式受任に至らなかったとしても、「相談によって見通しが立った」「とにかくホッとした」「希望が湧いてきた」と言っていただけるよう、人に寄り添った対応を心がけていきます。

弁護士 山田 雄治

吉田 公紀(よしだ・こうき)

吉田 公紀(よしだ・こうき)
所属ほか
  • 埼玉弁護士会
とくに力を入れていきたいこと

交通事故、相続問題、借金問題

あいさつ

私は弁護士を目指す前、定時制高校に在籍しながら、銀座にある懐石料理店で板前をしていたことがあります。「職人気質」という言葉がぴったりの世界で、「一流」と呼ばれる職人達が自分の腕一本で自らの道を切り開くその姿に強く感化され、「将来は、自分の仕事にプライドを持てる一流の職人になる」と志すに至りました。
その後、私は弁護士になりましたが、そのときの志は今も変わりません。

私が思うに、弁護士の仕事で最も重要なことは、一人一人のご依頼者が抱えている紛争を解決する最善の方法を的確に選択し、実践することです。
その選択を誤らないため、私はご依頼者との根気強い対話を心がけています。
ともすれば聞き流してしまう事実であっても、結果を左右する重要なものであったりします。
他の弁護士が、その重要な事実を見落として最初から諦めてしまった事件を、後日私が担当することになり、ご依頼者の希望する結果となったことも何度もあります。

躊躇することなく、どんなことでも当事務所へご相談ください。
きっと最善の解決方法が見つかるはずです。

弁護士 吉田 公紀

アソシエイト

石見 信明(いしみ・のぶあき)

石見 信明(いしみ・のぶあき)
所属ほか
  • 埼玉弁護士会
とくに力を入れていきたいこと

労働問題、外国人

あいさつ

何かがおかしい」「こんなことがあっていいのか」と感じる場面がございましたら、遠慮なくご相談ください。法律と照らし合わせ、何ができるのかをアドバイスいたします。

とくに残業代の未払いやパワハラなどの労働問題では、ご自身の感覚と法律的に見た正しさが一致しているかについて不安に思う方も多いと思いますが、お気軽に相談していただけたらと思います。

また、一般の方にはわからないところが、「具体的に何をしたら良いのか」だと思います。いくらくらい請求できるのか、証拠をどうやって集めれば良いのか。そうしたアプローチ面のお手伝いもさせてください。

権利行使をするかどうかは、材料がすべて整った後でご判断いただいても構いません。今後の身の振り方も含め、早めに筋道を立てていきましょう。

弁護士 石見 信明

60分の初回無料相談をご利用ください

同じ悩むにしても、「正しい悩み方をしてみませんか」
問題を整理し、選択肢を並べ、ご自身にぴったりとした答えを探すこと。
それが、専門家による初回無料相談の趣旨です。

  • 弁護士ブログ
  • Q&A
  • 事例ケースのご紹介
  • 最高裁判例のご紹介
pagetop